電話 熊本県熊本市東区江津1丁目3-48 (MAP) 

熊本の地盤に精通した調査・設計・測量・建設コンサルタント会社

熊本の地盤に精通した調査・設計・測量・建設コンサルタント会社

「新技術」を積極的に取り入れ、より詳しく、より効率的に、お客様に満足いただける技術を提供いたします。


スクリュードライバーサウンディング試験(SDS試験)

スクリュードライバー試験(SDS試験)は、スウェーデン式サウンディング試験機を改良した装置を用いて、鉛直荷重、回転トルク当の測定機能を追加することにより、地盤のN値及び土質の推定が可能な試験方法です。
ボーリング調査に比べ、安価かつ迅速に試験が可能です。また、狭い場所での試験も実施可能です。
土質及びN値を推定できるため、ボーリング調査地点とボーリング調査地点の補完調査としても活用することができます。
建築分野では全国で30万箇所の実績があり、令和元年5月にNETIS(新技術情報提供システム)に登録されています(登録番号:KT-190013-A)。
スクリュードライバーサウンディング試験(SDS試験) スクリュードライバーサウンディング試験(SDS試験) スクリュードライバーサウンディング試験(SDS試験)

簡易平板載荷試験(エレフット)

地盤の支持力を現場で確認する代表的な調査として、平板載荷試験があり、その試験には大きな反力(重機や敷鉄板等)が必要です。
しかし、建設現場は急峻な山間部などの狭い場所での作業を伴うことが多々あります。そうした、現場条件が厳しい場所で通常の平板載荷試験は、準備に時間と労力を要します。そのようなときには、簡易平板載荷試験『エレフット』が最適です。
また、地盤条件を甘く判断し、杭施工時にクレーンが倒れる事故も度々発生しています。そこで、本試験により表層部の支持力を求め、地盤補強等の検討資料となります。また、擁壁施工場所の地盤支持力の確認や、重機が入れない文化財・史跡等での調査にも最適です。
エレフットは、平成30年度に「準推奨技術」(国土交通省)に指定されています。
簡易平板載荷試験(エレフット) 簡易平板載荷試験(エレフット)
通信中です...しばらくお待ち下さい